« DAIWA BAY RUBBER にちょっとイタズラ | Main | 割り箸を使ったメンマの作り方 »

March 31, 2009

魚のさばき方と料理

「築地のプロが教える魚のさばき方と料理」っていう本を釣りを始めた頃に買い、最近は読んでないので本棚に入れっぱなしになってたのですが、最近 子供が見つけて別の活躍をしてます。

絵本?図鑑の代わりに読んでます。

50種類ぐらいがキレイな写真つきで掲載されてるので、子供の視覚を刺激するのには十分だったようで、家に帰ると何度も読まされますが、半分ぐらいは覚えたようです。

Photo_2

先日釣った「ホウボウ」のページを開くと、教えてもいないのに「ほーぼー」「パパの!」って言ってくれます。良い子ですね。おなじ物だと認識してくれたみたいです。

是非「鯛」のページでも、「パパの!」って言ってもらえるように頑張りたいです。(爆)

|

« DAIWA BAY RUBBER にちょっとイタズラ | Main | 割り箸を使ったメンマの作り方 »

Comments

うちの子も同じような本で捌き方をマスターして、今では家族の中で一番上手く捌きますね〜!
刺身で食べる魚は舟盛りにしてくれてます。その道に行かすか〜!?

Posted by: yoshi | March 31, 2009 at 06:37 AM

是非切り身見ても何の魚か判るようになるくらい釣りまくって下さい!!

Posted by: K | March 31, 2009 at 08:08 AM

yoshiさん>
お子さんの器用さもあるでしょうけど、yoshiさん家族の愛情でしょうね。家族で「うまい!」って食べると、子供は生臭くても頑張っちゃうんでしょうね。

Kさん>切り身は無理でしょう。少なくとも私は白身は区別がつきません。味見で区別できたらなんか考えたいですね。

Posted by: J-Yamada | March 31, 2009 at 10:56 AM

全く同じものを持っていますよ(笑)。

Posted by: Shu | March 31, 2009 at 09:07 PM

Shuさん>
流石に石垣では「パパの!」って言ってもらえるのは無いでしょうね。

Posted by: J-Yamada | March 31, 2009 at 11:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« DAIWA BAY RUBBER にちょっとイタズラ | Main | 割り箸を使ったメンマの作り方 »