« おとなの火遊び | Main | 行けないけど »

November 07, 2008

キャスティングにおける集中力

先日の釣行で軍曹の集中力と探究心を見せてもらいました。

ワタシはまず何を質問して良いのか分からないのですが、軍曹はkuroneさんに嵐の様に質問浴びせかけます。二人が話してる内容の(特に商品名などは)意味が分かりません(泣)

この道20年の方ですから、自分で状況をささっと判断してやるのかと思ってましたが、「地元の人に釣りを聞け」ってことですね。勉強になります。

そして、そこで見たキャスティングの正確さ。かなりの確率で岩の手前ぎりぎりにきっちり落とします。

別に正確じゃなくてもアイナメの場合は広範囲に泳ぐので魚のほうが寄ってきてくれるらしいのですが、狙ったところへキャストできた時の気持ちよさってありますよね。自己満足かもしれませんが、遠投で遠くまで飛んだみたいな。
そういうのも集中力維持に必要だと思いました。

バス釣りのトップで、釣れなくてもずっと続けられるのはこういう爽快感だったりするのかな?ってちょっと。

先日の釣行でソフトワームに入魂できたので、ゴロタのカサゴ狙いとか、今後も時々使ってみようかと思ってます。....って、また迷いが増えたりして。

|

« おとなの火遊び | Main | 行けないけど »

Comments

磯でやるときはタイトな攻めが超有効ですよ!

ムラソイなんかは、波を被って蟹が落ちる場所で待ち構えているので、ピッタリキャストが決まったら一瞬で喰ってきます!

で、即座に引きずり出さないとそのまま根掛かり!?状態で絶対出てきません。

とは言った物の、カヤックだったらポイントに横付けして落とせば十分だったりしますが・・・

アイナメは確かによく追ってくるので、磯の割れ目とか溝になってる部分をワーム通すのが良いですね。

絶対居る!って思ったポイントにドキドキしながらキャストして引きずり出すのは本当に楽しいです!絶対ハマりますよ!

Posted by: K | November 07, 2008 at 12:31 PM

磯の割れ目、キャストが不正確でなかなか苦戦しましたが、ここには居る!って場所にうまく落としてあたりがあると、「やっぱり!」みたいなのは快感ですね。

Posted by: J-Yamada | November 07, 2008 at 12:39 PM

キャスティングにおける集中力ってタイトルで釣り具屋における交渉術かと思ってしまいました…

失礼しました。

近いうち釣り行きましょう♪

Posted by: みんぱぱ | November 07, 2008 at 06:59 PM

今週新しくできた釣具のポイント長後店がオープンセール中。
TICAのカワハギロッドが2,980円結構かっちょ良かったそうです(papasan情報)
J-Yamadaさんちからは港南台店より少し近い!?

Posted by: K | November 07, 2008 at 10:26 PM

みんぱぱさん>
そっちのキャスティングですか。
そういえば最近お会いしませんが、近いうちにまた

Kさん>
もちろん情報入ってますよ。明日、子供と散歩に行く予定。もちろん散財 TICAのロッド見てみます。
近所ですが、駅前だったときのほうが会社帰りに寄り道できたので個人的には便利でした。

Posted by: J-Yamada | November 07, 2008 at 11:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« おとなの火遊び | Main | 行けないけど »