« シーカヤック・シーバス大会 | Main | 水族館 »

September 24, 2008

牡鹿半島ツアー

9/21 飛び石連休に有給休暇くっつけて、予告通り 牡鹿半島へ行ってきました。嫁さんと子供は嫁さんの実家において、今日は時間を気にせず?のんびり出来ます。

実家からは日本海のほうが近いのですが、今回はkuroneさんとコラボで、ホームである牡鹿半島某所へ。

煩悩の赴くままに・・・ちょっと消化不良かな・・・。

台風がまだ太平洋沖にあるので、うねりが心配なところですが、.....

ちょっと遅めに合流し、早速現地を目指します。
前回は通過時に夜中だったので閉まっていた釣具屋にも寄り、でも、事前に餌を仕入れてたので、何も買わずに現着すると.....うねりは何の心配も無い。地形的に恵まれたいい場所です。

心配事がいくつかありますが....
湾いっぱいに牡蠣の養殖棚です。

P9210028

近づくと、ベイトそっくりの反応が出ます。

あとは、仕掛けですね。kuroneさんに一通り用意してもらったのですが、テキサスリグって言うんでしょうか、ソフトワームは、やったことがありません。以前、餌の代わりにゴカイに似たのを餌釣りのえさ代わりに使ったぐらいです。

出艇すると、海いっぱいの海草 「アマモ」だそうです。魚探に見える水深7,8mの上層2mから下はびっしり「アマモ」です。しかもかなり広範囲。

アマモが無くなった所で、試しに仕掛け投入。早速 根がかり...でも、引っ張ると、重くゆっくりですが手で上げられます。
8×20cmぐらいの板状の石に無数の穴が開いていて、Cになったところにスッポリおもりがハマってました。上には小さなウニが 本日1匹目はウニ....あ!写真撮っとけばよかった。

その後、kuroneさんが「ここから先がポイント」って場所ではじめてみます。
入れ食いです。ハゼが.....リュウグウハゼだそうです。困ったことに簡単に釣れちゃいます。入れ食いです。
ドンドン消費される餌

P9210024

水面でなんかバチャバチャしてますが、小さい魚が何かを食べてる感じだったので無視。ぐっとこらえてサビキは投入しません。
今日の狙いはアイナメだからね。でも、朝が遅かったので、それがちょっと心配

バチャバチャしてるのをkuroneさんが釣り上げたそうで、カマスだったみたいです。写真で見るとまぁまぁのサイズ

その後アイナメ狙いでキャスト繰り返しますが、たぶん、根がかり恐れて底たたいてないんでしょうね。
底たたくとやたらなんかひっかかってます。たぶん、岩の上にいるウニみたいです。

餌釣りだと、ゴロタの上でも、やや砂地でも、釣れるのはハゼばっかりです。今回は全部リリース

中でも「やや」良い引き 超チビですが、アイナメでした。大きくなったらまたおいで。

P9210025

ややチビのメバルも釣れました。餌釣りバンザイですが、大きいのは来てくれません。

P9210027

リリースは続きます。

kuroneさん そこまでに渋いながらも本命2匹ゲット。いるのは間違いないんですけどね。

「あそこの岩と岩の間には絶対いる!!」と、ポイントを譲ってもらうのですが、やっぱりよくわかりません。
ルアーは「これなら釣れる!」っていう自信みたいな物が必要ですね。上から攻めようにも潮の流れが複雑で難しい場所。キャストしかありません。

餌でやると、クサフグが釣れたので、ポイント的には間違いないと思ったりするのですが、....久しぶりにカモにクサフグがカモフラージュ

P9210026

雨と風が強くなって、あまりの寒さでまだ昼過ぎたばかりなので、一旦岸まで戻り着替えます。
ウェアが夏着のままでした。雨なのに、気温がそれほど低くなかったので、なめすぎてました。

戻ってくると、kuroneさんがカレイ釣り始めてましたので、出艇時に「状況次第でカレイ狙う」ともらった仕掛けを使ってみます。
あたりなし。..... その後根がかりでもらった仕掛けロスト(泣)

その後、kuroneさんが昔はリュウグウハゼをアイナメの餌に使っていたというので、ブラクリにつけっぱなしでゴロタ周りを探って見ます。

アジの泳がせづりだと、釣れる直前にアジが暴れて前あたりみたいのがあるのですが、同じようにプルプル感が、でも、ぐーっと引き込む感じはいつまで経ってもありません。上げたら、ダブルになってました。(笑)

P9210030

だいぶ時間が遅くなったので、戻ることにしました。よくわからない方向に進んでいくkuroneさん
やはり沖のほうはうねりが結構あるみたいです。

途中、鳥が水上にたくさん浮かんで群れてます。怪しい....
「時々バチャバチャしてるけど、イワシらしい」というので、イワシに何か付いてることを願い、炎月投げ式使ってみます。すると何やらあたりが。期待して良いみたいです。

しつこくやって程なくヒットしました。サバかソーダであることを確認したところで、手元で取り込みバラシ(泣)
サバの暴れっぷりは苦手です。

メタルジグに交換してまた、あたりが。でもすぐばれちゃいました。

どちらのあたりもわりと水面に近かったので、トップでやってみます。
アイルマグネット投入、表面でバジャバジャ やっぱり食ってきました。トップは見えるので楽しい

イワシはかなり大きい群れなのですが、サバ、その他、おつきの魚の魚影は濃くないようです。
でも、底のほうにも反応あったのは気になります。

その後はあたりもなくなり、終了。kuroneさん そこでも頑張って3匹ゲットしたみたい。

最終的に釣果はサバ1匹で、デジカメ電池切れで写真はナシです。
サバでストレス解消できました。

4.5人家族には全然足りない結果でしたが、.....まぁ、台風が遠ざかってもいないのに、真っ暗になるまで漕げるなんて、いいツアーでした。 ん! ツアーです!

帰りはパーキングエリアで牛タン丼

牛タン丼


50cmクラスのアイナメの妄想は夢に終わりましたが、別な可能性を見出してしまいました。

|

« シーカヤック・シーバス大会 | Main | 水族館 »

Comments

お疲れ様でした
ラグビー(ハゼ)は泳がせの餌としても良い餌なので泳がせの仕掛けで本格的狙ってみるのも良いかもですね。
餌がそんなに入れ食いなら。
自分は土日はアオリイカ、昨日は仕事でした。

Posted by: ごとう | September 24, 2008 at 06:07 AM

この魚、美味いのかどうか良く分からなくて、全部リリースでしたが、泳がせのエサにも良いと知ったのも帰ってきてからでした。事前に知ってれば泳がせるために全部生かしたのですが、次回、機会があれば頭に入れておきます。

Posted by: J-Yamada | September 24, 2008 at 10:52 AM

リュウグウハゼなかなか美味しかったよ〜♪
今度からはキープで(笑)

Posted by: K | September 24, 2008 at 10:55 AM

リュウグウハゼ、ネットの情報ではなぜかあまり評判は良くないようで、見た目は美味しそうだったのでかなり悩みました。(笑)次回は試しに食べてみたいと思います。

でも、あの魚、あんまり楽しくないんですよ。最初にプルプルって来たあとは全然引かずに、いるんだか いないんだかはっきりしないんで。

Posted by: J-Yamada | September 24, 2008 at 11:38 AM

良い釣行だったみたいですね〜。

自分も行ってみたくなりましたよ〜。

Posted by: みんぱぱ | September 24, 2008 at 06:04 PM

みんぱぱさん>
どうなんでしょう。kuroneさんがいなかったら、「ここにはハゼしかいません」って結論で凹んでたと思います。

Posted by: J-Yamada | September 25, 2008 at 12:07 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« シーカヤック・シーバス大会 | Main | 水族館 »