« 釣具もらいました(竿編) | Main | 禁断症状? »

June 04, 2008

インチクの魅力

ルアーフィッシングを始めて、ここにきて やっとポツポツ釣れ始めた感じです。
今のところ、鯛カブラに頼りきってる感じで、メタルジグでの釣果はありません。(あんまり使ってないのですが)

鯛カブラだけでも鯛以外のいろんな魚が釣れることが分かったので、嬉しいですね。
アクションをつけなくても、ただ引いてくるだけでスカートがヒラヒラして生きてる感を演出するのとか、あたりも分かりやすいし、結構、初心者の私には向いてる感じです。ミノーとかの性能に頼りきった「ただ引き」なんかも好きです。

最近、インチクも使ってみようかと思っていくつか買ってみました。
まずはSHIMANO 炎月 BottomShip(金色)、結構高いですね。一応これを基準に針とか錘の重さとかタコベイトの大きさとか、大きいの、小さいの、長いの、短いの自分で組み立て試してみたいと思います。

100033_01aw

シルバー系も欲しいかとYO-ZURIのインチク錘(単品)とタコベイト2種類購入、色はみんぱぱさんのお薦めの2種類(ブラウンとブルーシルバーピンクのトリコロール)を買ってみました。

Yzr_hptaguri_namarisasagata

これまでインチクは重いの(が多い)のと、使い方が良く分からないので敬遠してました。値段がそこそこ高いと言うのもありますし、何であんなものに魚が釣れるのかも疑問だったと言うこともあります。

メタルジグとほぼ同じようなカラーリングの錘もありましたので、「メタルジグとソフトベイトのハイブリッド」といわれるとなんだか釣れそうな気がしてきました。これも買ってみます。

Inchikakakin135

Inchik_akakin_ura


Inchik_pink_omote

Inchikpink_ura135

http://www.konky-jp.com/offshore/webpage/70703_05.html

重さはインチクとしては軽めの75g
ネット注文なのでまだ届いてないのですが。.....

錘が水流を作って下のソフトベイトをヒラヒラさせてくれるらしいので、ただ引きでも使えると言うのも良いですね。もちろんアクションつけても良いらしい。

オリジナル?として、タコベイトからチラッと見えるようにネクタイ付けてみました。
なんか釣れそうだな~ ルアーって「釣れそうだ!」っていうのが大事ですよね。集中力維持するためかな。

週末が楽しみです。

|

« 釣具もらいました(竿編) | Main | 禁断症状? »

Comments

インチク最高です。
スローフォール&リトリーブでターゲットも多彩、言うこと無しですね。
タコベイトはcatfishさんが使っている日本海限定(?)のリアルタコが良い仕事しそうです。
カヤックからで水深50m位ならやはりちょい投げする事も考えると80g前後がベストだと自分は考えます。
その日の状況によっても変わるでしょうけど。
って、一応20〜135g位のインチクを積み込んで居ますが(汗
でも使うのはいつも決まった奴だったり。

Posted by: みんぱぱ | June 03, 2008 at 06:38 AM

インチクはあれ全体でイカに見えるそうですよ。そう某船長に言われてからすげー釣れる気がして船からは良く使ってました。
ダッシュ巻きとかでワラサとかズドンとヒットしてきます。
ただ万能ではないようです。去年の秋の波崎沖でイナダワラサが爆の時に一人だけボウズが居たそうな。
その人は一日中インチクを使ってたそうです。
ある意味、根性ありますよね〜。
カヤックからなら軽めの〜80グラムがいいですね。
135グラムなんてめちゃめちゃ引き重りしますから。

Posted by: ごとう | June 03, 2008 at 07:43 AM

みんぱぱさん>
日本海仕様のリアルタコ 今度catfishさんに見せてもらいます。どんなのだろう。
そういえば、20gぐらいの小さいのも持ってたような気がします。釣れないと思って存在すら忘れてました。これはテスト生に昇格かな。

ごとうさん>
全体でイカですか。いわれればそんな気もしますが、金ぴかのイカってやっぱり変かな。魚の目からはどう見えてるんでしょうね。
基準が135gとか言われてるのでとりあえず1個買ってみましたが、やっぱり重いですよね。75gは多めに買いましたので、これが主戦力になりそうです。

Posted by: J-Yamada | June 03, 2008 at 11:26 AM

インチクは引き抵抗が凄いです!僕は100gメインです!ただ流れがない時は軽めが良いようです!ストップも良い感じです!

Posted by: はじけよう | June 03, 2008 at 12:16 PM

魚は色盲だと言われてます。だから自分の場合は色なんてほとんど気にしません。
ただし管理釣り場のニジマスなんか色変えたとたんにアタリ出すので色調とかそんなのは分かるんですかねぇ。
バスはかなり色が分かるそうですよ。その魚の網膜を調べれば色をどれくらい認識出来るかわかるそうです。
青物とか海の魚はほとんど区別出来ないそうですが、ピンクのジグしか食わなかったりと何度かそういう経験もしました。
最終的には魚に聞かないとわからないのでしょうね。

Posted by: ごとう | June 03, 2008 at 12:22 PM

インチクでキジハタ釣ったけど、アクションではなく底を切った瞬間に喰ってきたので、未だに何で釣れるんか不思議です(笑)
まぁ、釣れれば良しってことで・・・。

Posted by: Nobu | June 03, 2008 at 12:45 PM

はじけようさん>
100gメインですか。参考にさせてもらいます。
インチクに使えそうな竿が今のところないので、やっぱり135gは無理かも。いろいろ試してみます。

ごとうさん>
ルアーの色って不思議ですよね。ベイトに似たリアルなものは理解できますが、ピンクとかありえない感じですが釣れるんですね。ミノーの定番レッドヘッドも個人的にはとっても違和感あります(嫌いではない)

Nobuさん>
水中映像で見る限りですが、魚は落ちてきたものをジーっと見てます。底まで落ちちゃうと興味を失い、上に上がり始めるとまた見てる感じでした。動体視力が良いんでしょうかね。
インチクは着底から巻上げまでの間にハリスの遊びの部分があるのですぐに底に落ちないですぐ巻き始めれば興味を失う時間が少ないのも底物に効くんじゃないかと思ってます。
まぁ、理屈じゃないから釣れれば良いんですよね。

Posted by: J-Yamada | June 03, 2008 at 01:21 PM

一万匹のイワシの群を青物が狙っているとします。
そこに色も形も大きさもイワシそっくりなルアーを投げます。
するとそのルアーが次に食われる確率は10001分の1になります。
効率が悪すぎますよね(笑)
レッドヘッドはめちゃめちゃリアルカラーです。
下から見れば白いお腹にエラの赤い部分が見えます。
バスでもトラウトでも良く釣れますよ〜。

Posted by: ごとう | June 03, 2008 at 01:47 PM

ナブラの場合にはあえてベイトに似せないっていう逆の方法ですね。ふむふむ。
レッドヘッドの赤はエラの赤だという説は軍曹からも聞きました。信じられなくて使ったことが無いのですが、トラウトとかシーバスとか機会があったら使ってみます。

Posted by: J-Yamada | June 03, 2008 at 02:50 PM

インチク談議盛り上がってますね。
何を使っても、適材適所。なんて考えていると大荷物になってしまう、自分です。
カラーの話は結構話題にはなりますね。
でも、最終的には好きな色って事になりませんか?
あと、フォールスピードって最近特に気にしています。

Posted by: みんぱぱ | June 03, 2008 at 07:20 PM

鯛カブラもいろいろ買っていろいろ持っていきますが、結局使ってるのは炎月タングステンだけだったりしますね。
あたりが無くなると他のも試してみますが、そんな時は何を使ってもだめで結局同じもの使い続けてる感じです。
他のも色はほとんどが「アカキン」に染まってます。やはり「好きな色」に尽きるんでしょうね。

Posted by: J-Yamada | June 03, 2008 at 07:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 釣具もらいました(竿編) | Main | 禁断症状? »