« March 2008 | Main | May 2008 »

April 2008

April 30, 2008

キャリア

車のキャリアについて質問がありましたので、まとめてみました。
エスティマ(ACR50?)には雨どいもルーフレールも無いので、後ろからの積み込みを考えたときにちょっと苦労しました。普通にキャリアをつけるとスライドドアの前側と後ろ側に付きます。

P4290027

フット:TH 750
キット:TH KIT 1384
バー:TH 762 (135cm)

これを2セット使って3本にしました。

真ん中と後ろはショートルーフラインアダプター477を使いましたが、本来このような使い方をするパーツではありません。結局後ろに引っ張るとズレるし、上に持ち上げると浮きます(汗)

P4290032

このセットに加えて、INNOのIN417を追加しました。これで後ろへ立てかけてから積み込み出来ます。

下の写真はIN417を伸ばした状態です。

P4290028

上から見た写真

P4290031

後ろに引っ張って外れると困るので、INNOのクロスプレートと余ったバーで真ん中に補強しました。

結局、一番後ろのバーの強度を考えなければショートルーフラインアダプター477は要らなかったって感じです。

| | Comments (0)

フラッグ

フラッグテストしてみました。

P4280024

強風でも問題ありませんでした。布じゃないのでハタめかないのがちょっとアピール足りない感じかもしれませんが。

| | Comments (0)

April 29, 2008

シートのスナップ

これはもうだいぶ前にやった艤装ですが、シートのスナップが使いにくいのでさらに先にステンレスのスナップ付けました。ゴムがちょっと長くなるので、その調整は.....そのうち

P4270019


| | Comments (0)

April 28, 2008

セルフベイラーをふさぐ

RIDEにはシートのすぐ後ろにセルフベイルの穴があります。高い位置なので実際には水を排出する機能はなく、等間隔にセルフベイラーの穴が配置されていることから、おそらく艇全体の強度のためのものです。

medakaさんの「セルフベイラーに蓋をせよ!」

が最初は何を言ってるのかわからなかったのですが、しばらく使ってると、波が高いときは乗り越える時にここからも水が入ってきます。ここから入るとシートの上に溜まってちょっと厄介です。

ダイソーで買ったスポンジを押し込んでました。

が、水が溜まったり吸い込んだり汚れると思うので、ゴム栓で蓋することにしました。
サイズは29~31mmぐらいのちょっと楕円なので、探していたら良いものがありました。
サイズは25-35mm

P4270018


| | Comments (0)

April 21, 2008

ホーム&アウェイ

先週は風が強いため、釣りはお休みでした。まぁ、体がだいぶ疲れてたので、家族サービスも出来たし良い休暇になりました。

来週からは(人によっては一足先に)GWですね。

伊豆とか三浦あたりがホームグランドだとすると、来週は完全にアウェイです。

一応、情報収集はしてるのですが、いまひとつどうして良いのか分からない感じですね。
狙いは根魚で良いみたいです。エサで行こうか、ルアーで行こうか....うーん ここは確実にエサで行きたいところです。

 たぶん最後まで悩んで、エサが手に入らなかったら、持ってるルアー総動員で頑張る感じでしょうか。
 狙いはソイ、アイナメ、ヒラメ、カレイって感じです。

| | Comments (6)

April 18, 2008

Rapara Count Down

先日頂いたタックルボックスにはミノーがいっぱいありました。

よく分からないものばかりでしたが、ラパラ・カウントダウンって書いてあります。
昔流行ったものみたいですね。
ほとんどはブルーですが、レッドヘッドやオレンジ、サイズ違いもいっぱい入ってました。

300_1

秋になったらシーバス釣りで使ってみようっと。

| | Comments (4)

April 17, 2008

SqueezeⅡ さんをLINK

フラッグの固定を考えて、いろいろググってたら、SqueezeⅡさんにたどり着きました。
(前に一度ちらっと見たことありますけど)
リンクさせていただきました。

0832

ロッドホルダーにもなるところがいいですね。
背中からシャキーンって、忍者みたいに。
ここまでシンプルに考えられませんでした。
真似する方向で計画中

| | Comments (5)

April 16, 2008

フラッグ

重い腰を持ち上げて、ようやくフラッグを付けます。

スコッティーのフラッシュマウントって手がありますが、これを買ってもポールが20”しかないので、結局、短くて加工しないといけないのでどうしようか迷ってました。(しかもまぁまぁ値段高いし)

823_sealight

スコッティーのフェンダーリングを以前買ったものがあるし、ベースマウントは余ったのがあるので似たもの作ることにしました。

一応、2種類のバージョンを考えました。

バージョン1は細い竹ざおをフェンダーリングに直刺し
バージョン2は配水管などに使うパイプで垂直竿たての様に作り、そこに使わない竿をたてて旗を結ぶバージョンです。

園芸用の竹ざおっていまどき売ってないんですね。あるのは竹風な金属ポール
太くて重いので、8mm×2mのステンポールにしました。ただ、これは思ったとおり加工が厄介ですね。硬いしドリルが滑って穴を開けられませんので、穴あけが必要ない方法で進めます。

フェンダーリングに8mmの穴を開けてぶっ刺します。ドリルのトルクが足りないので若干苦労しましたが、何とか穴を開けられました。
ねじ止めしようかとねじも買ってきたのですが、必要ないみたいです。
突貫工事にしては、なかなか良い感じに仕上がりました。あとは心配なのは強度ですね。硬いですが細いので。

あとはカヤックの適当な場所へマウントベース追加するだけです。

実際の使用レポートは後ほど

P4150015

あとは旗をどうするか。適当にダイソー探してみます。

| | Comments (9)

April 15, 2008

パラシュートアンカー

皆さんいろんな工夫をされているアンカーですから、あえて書くほどのこともないのですが、私のはこんな感じってことで写真撮ってみました。

P4120013

残念ながら、なんだか全然分からないですね。肉眼だと見えるんですが。

簡単な画も描いて見ました。

Photo

写真はまだテンション掛かる前の状態です。テンションが掛かるとバウから前方に真っ直ぐ伸びます。

カヤックへの固定はバウのグラブループにカラビナで掛けてるだけです。
手元の固定はテンションが掛かる部分でもないので簡単でも良いと思いますが、クリート付けたのでそこにくくってます。

長さはどちらも2mぐらいです。手元の固定からバウまでの長さと、親ひもも同じぐらいです。
こうしておくとテンションがかかった時に手繰り寄せる方のヒモが適当に張るので邪魔にならないのと、手繰り寄せた時にちょうど手元に来ます。

始めた頃はどこに固定して良いのかあまり考えずに親ひもだけで横につけたこともあったのですが、波を横に受けるのが嫌なのと、横にロープが張出すので釣りの邪魔になるのでやめました。

バウ先だと漕いで回収も出来るよと言うのを聞いて今はバウ先です。
手繰り寄せるひもなしが一番シンプルですが、漕いでアンカーを手元に寄せようとするとカヤックの下にもぐって手間取ることもあったので今の形になりました。

キャスト中心でつりに重きを置くと風が強い時はスターン側もアリかなと思いますが、波がを後ろから不意に受けるのが嫌なので、たぶん自分はやりませんね。

| | Comments (13)

April 14, 2008

グラブループ

艤装と言うほどのことは無く、ただのご紹介です。

漕いでるときに両サイドに付いたグラブループに手をぶつけることは無いですか?
私はよくぶつけます。手が痛いです。

写真のようにパドル固定するゴムを巻いておけば多少軽減されます。それでもぶつけますが。
もともとそうするためにここに付いてるのでしょうか?知らなかったので、同じように知らなかった人にご紹介です。

P4120014


| | Comments (8)

April 13, 2008

生息調査は続くよ.....どこまでも

 2週連続・3回連続で西伊豆です。先週ご一緒したお二人も出てるようですが、今回はやりたいことがあってcatfishさんと対岸側から出てみます。

 もちろん今回も鯛の生息調査です。西伊豆に桜は咲くのはいつなのでしょうか?
(本当の桜はとっくに散ってますが)

 鯛を釣るのも目標なのですが、魚探の使いこなし方をきっちりというのも今回の目標です。特に小さい根の反応を見逃さないように。
 結果的に漕ぐ時間が多くなって、久しぶりにてにマメが出来ました。心地よい疲労感です。ていうか、漕ぎすぎてアホみたいです。ゆっくりなので負荷は低いですが、スラロームの練習時間以上ですね

 振動子の取り付け場所も工夫しました。工夫というかRIDE135にも真下に振動子を向けられる部分を発見しました。おかげでラバージグの着底タイミング&即巻きがばっちりです。30m以内の深さなら着底寸止め巻きも出来そうです。

 とりあえずcatfishさんが遅れてくるとのことだったので、前々回行かなかった80mの深場まで行ってみます。もちろん途中にいい反応があれば軽く攻めながらです。

 どんどん漕ぎます.....どんどん漕ぎます。....25m以上の深場に根らしいものが見つけられません。進む方向が悪いのか、深さもなかなか深くならず、とんでもなく遠いところまで来てしまいました。

 で、やっと80mですが、ここにくるまで根らしいものは「なし」です。浅場はだいぶ濁りがなくなって来ましたが、深い方はまだまだ上層20mは濁ってます。
 とりあえず80mで挨拶代わりに2投しますが、まぁ、反応はないですね。砂漠で昆虫探すようなものですから。

 仕方が無いので戻りながらラインを変えて「根さがし」です。

 50mまできたところで魚探に反応です。根は無いのですが、底から10mぐらいに魚の反応です。以前、シーバスを釣りに行ったとき、catfiahさんに見せてもらった反応そのものです。ブレーキ&バックストロークで反応があったと思われる場所まで戻るとまだまだ反応出てます。

 今回はブレーキ&バックストローク多用しました。そういえば、パドリング考には書きませんでしたね。
根をきっちり攻めるには重要な漕ぎですね。でも、コツとかは無いです。パドル背面でブレーキかけて、後ろ漕ぎするだけですから。

 で、カブラ落とします。着底すると魚は興味を失うようなので、(UNDER WALTERのビデオでは確かにそうでした)着底寸止め即巻きを目指します。フォールで既にあたりのような違和感がありました。
 これが先週、みんぱぱさんが言ってたフォールの違和感かぁ~ と、ここまではのんきにやってたのですが

 ゴン!と着底したのか、あたったのか、とにかくゴンときたので巻き始めたら乗りました。いきなりめちゃくちゃ走ります。バラシ防止にドラグゆるめにしてたので、糸がどんどん出て行きます。
 ビデオの通り指ドラグしますが、出て行くのを止めるのが精一杯でぜんぜんリール巻けないのでドラグを締めてみたら、竿がUの字に曲がります。大興奮です。ベイトリールはドラグ締めるのが簡単でいいですね。

 でも、こんなときに限ってリーダーは電車結びだったりします。自信もってたはずだけど、やっぱり不安だったりします。ドラグを再度ゆるめようか、軽くパニックです。

 必死にこらえながらのやり取りが続きます。この調子でいつになったら4、50m巻き終わるんだろうとか。

 あがってきたのは

P4110010

ん? 鯛じゃない....でもすばらしいファイトに満足です。40cm以上 尻尾の先までなら45cm弱かな。イナダでした。

鯛カブラで釣れるのは珍しいらしいですね。しかもこの時期 先週に引き続き炎月タングステン50gでした。 

しかも朝イチ3投目。まだ7時ちょっとすぎたところで今年目標の一つだった青物です。
こうなるとちょっと余裕で鯛狙いに集中できます。

と言いつつ、結局、夕暮れまで釣れたのはこれだけ
あっちうろうろ こっちうろうろ ほとんど魚探見ながら漕いでました。


悔しいのは鯛らしき「あたり」があったこと。しかも2回

鯛のコツコツいってる前あたりに合わせちゃいけないって何度も何度も聞いてたから気をつけてたんだけど、魚探のちょっとした反応で浅場(25m)だし鯛はいないだろうと思って試し打ちしたところにガ・ガ・ググッっときて思わず合わせてしまいました。
catfishさんに借りた柔らかい竿だったからU字に曲がるところまで来て「やった!」と思ったら「ふっ」っと感触が無くなる..... え!ひょっとして、これって鯛!?コツコツじゃないじゃん

2回目は遊漁船らしき船が1日粘ってた場所で、かけあがりのてっぺんだけど、根らしき反応も魚の反応も無い場所で、ぐぐっとあたりがきて、また思わず合わせちゃいました。 またまた「ふっ」っと感触が無くなる....明らかに油断です。時間がたって忘れてました。

2度あることは...3度ある。 いえいえ、3度目の正直で行きたいです。

あとで聞いたんですが、鯛は魚探にあまり出ないらしい。


収穫:魚探の取り付けは重要。今回は自分の仕掛けがはっきり見えたので、カブラを何かが途中まで追いかけて、途中離脱するのも魚探で1度見えました。

教訓というか反省:フラッグつけましょう 

| | Comments (11)

April 11, 2008

東北の釣り

仕事が忙しいながらも、既にGWのことなんか考えちゃってます。

 GWはがっつり東北地方です。世の中は結構飛び石連休だったりするようですが、有給休暇くっつけて11連休の予定です。
 タンの瀬でカヤックもしたいですが、最近、平日は誰も居ないことが多いので(嫁さんから一人で漕ぐのは止められてるので)たぶん釣りすることに成りそうです。今はどっちかと言うと天気などの条件が悪い日はカヤックで、凪の予報だったら釣りに行きたいです。

東北で釣り......どこへ行こうか。何釣れるのか、仕掛けは何が良いのか、エサを仕入れるとしたら釣具屋はどこにあるのか、気持ちは既に東北地方です。牡鹿半島へ行こうかな。

| | Comments (2)

April 10, 2008

保険について

カヤックフィッシングに関して、何らかの保険に入ってますか?

沈して釣具を無くしたという話を何件か聞き、自分の入ってる保険(賠償責任保険・etc)は適用されるのか調べてみました。結果、たぶん適用されるだろうけど、領収書とか保管してないし、紛失したのを証明するのがめんどくさいので、請求しないだろうという結論です。

最近、ナナパパさんのリールが保険で新しくなったそうなので、自分はどうだったか見直したわけです。


 ちなみに私はというと、以前、カメラを壊した時に保証期間内にもかかわらずに「打痕があるので保証対象外です」とか言われて約3万円の修理代がかかった時は面倒でしたが保険請求したことがあります。

 余談ですが、オリンパスは防水ケースなど充実してるのですが、対応も含めてアフターサービスがヒドかったので、二度と買いません。水没は補償の対象外ってのは納得できても、ぶつけた跡があるので保証対象外って、なんか腑に落ちないですよ。
 
 以前やってたスポーツ(スキー・カヌー)は人に怪我をさせるリスクを考えて年間3・4千円ぐらいの賠償責任保険&物品の損害がセットの保険に入ってました。一般的な旅行とか、日常生活まで対象内なので良いです。
モーグルやってた人はシーズンに1本は板折るそうなので、だいぶお世話になってたらしいです。


カヤックフィッシングのリスクを考えてみました。

①釣具の流失
②大型船との衝突
③遭難
④人に怪我をさせる

①は一番頻度は高いでしょうね。高い釣具使ってる人は保険加入を考えた方がいいかもしれません
 ちなみに私の入ってる保険の場合、物品(携行品)は購入1年以内は全額、2年以内は50%、3年以降は対象外で、30万円以内なのでまず請求すること無いですね。乗り物(自転車・カヤック)は対象外 スキーは対象って言う感じの保険です。釣具は対象でした。

②は大怪我したときのことを考えておけば良いですね。 傷害保険とかかな

③は海洋上の遭難の場合、救助費用は基本的には掛からないはずですが、まぁ、あったら安心ですよね。ちなみに山岳遭難でヘリが出動した場合は100万円単位でお金が掛かります

④(普段の生活で)自転車での衝突とか、カヤックで人に衝突などして賠償する必要がある場合などかな。
海ではそれほど多くないと思いますが、気をつけたいと思います。

| | Comments (4)

April 09, 2008

ESO

先日釣った魚(ESO)について前に釣ったエソとは明らかに違うので、調べてみました。

前に釣ったのはマエソあるいはワニエソまたはトカゲエソのどれかです。
尾びれの色やムナビレの長さなどで区別される別の個体のようですが、私は区別できません(笑)
ていうか、それ以上の興味が無いだけですが。

今回釣ったのはたぶんオキエソですね。この違いははっきりしてます。
マエソに比べて口はデカいですが、ちょっと愛らしい顔をしている気がします。

で、さばき方もいろいろ調べました。普通の魚のように背骨に沿って縦に(背中から腹・または腹から背中)に開くのではないようです。このように開こうとすると、体が転がる様に丸いのでさばきにくいです。
うなぎのように固定するのかと思ってましたが、腹を下にして背中を切り取る様にするらしいです。

機会があったら試してみます。まぁ、あのヌルヌルはどうしても好きになれないので、前日のように「エソしか釣れない」って言う状況にならないとしないと思いますけど。

| | Comments (2)

April 08, 2008

まな板

まな板に魚のニオイが着かないように、嫁さんがまな板と言うか、シートを買ってきてくれた。

P4070009

スケール付きと言うところがちょっと良い感じ

| | Comments (2)

April 06, 2008

惨敗だけれど

西伊豆に行ってまいりました。

今回はブログでなじみの みんぱぱさん、ごとうさんとです。
ようやくコラボが実現しました。

日の出には現地到着と思っていましたが、残業続きの疲れからか 出遅れて、着いたのは6:30頃でした。
みんぱぱさんと、ごとうさんは既に出艇準備完了でした。

前回に引き続き、今回も真鯛の生息調査です。

先日改造した魚探振動子の取り付け改善ですが、....NGですね。
まったく感度が無いわけではないのですが、出艇直後の浅瀬でGAINが38ぐらいを指してます。通常だと20ぐらいMAXが40なので、たぶん深場では底がつかめなくなります。案の定、50mを超えたところで水深表示が消えました。これはいけませんね。感度が弱くなったことで、濁りが反応しなくなったのは良かったのか???微妙です。

今回の収穫1:初めて自分のルアーで魚釣りました。

P1010008

エソです....うれしいけど微妙  

デカイ鯛だったら良かったのに。
振動子を付け直すために岸へ戻る途中で反応がいい所を探っていたら釣れました。
浅場だったので、鯛はありえないと思ってましたが、エソだとは....

みんぱぱさんは大きめのホウボウをゲットに加えて、60cmオーバーの鯛をゲットしました。
目測で65~70cmはありました。
ですが、不本意なリリースだったようです。岸へいったん戻る途中にストリンガー破損して...


私はというと、その後反応も無く、浅場でエサも試しましたがぜんぜん駄目です。

今回の収穫2:俺のFGノットもまんざらじゃない。

不覚にも根がかりしてしまいました。ぜんぜん切れなくて大変でしたが、強度テストできました(恥)

午後は予報通りに風が強くなり、60mラインへせっかく進めても、あっという間に15mまで戻されるので、早めに終了しました。

まだ濁りもあり、クラゲもたくさんいました。春はまだ遠いみたいですね。


もういっこ収穫追加:カヤック一人で担いで(引きずらずに)50mぐらい移動できました。30kgぐらいですから、取り回しさえ出来れば移動できるはずだと思ってましたが、担ぐポイントつかめたので、砂で汚さないように気合で運びました。

| | Comments (10)

April 04, 2008

釣りが上手いということ

夜も更けてくるとつまらんことを考えてしまいます。
昼間に読み返すと恥ずかしかったりもしますが、そのまま書いちゃいます。

釣りが上手いって、なんだろうとか。.....

実はごくごく最近まで釣れるのは「運」だとばかり思ってました。
もちろん運もあるかもしれませんが、うまい人にとっては釣れるのは「必然」なんだと言うことに最近、気がつきました。(遅い?)
イチローのヒットは「偶然」じゃなくて「必然」、「当たった」ではなく「当てた」、「転がった」ではなく「転がした」
なわけです。

カヤックを含めて、スポーツとか、勉強とか、仕事とか、「上手い」の共通点を考えてみました。

○情報収集が上手い(いろいろな意味で)
○ポイント選びが上手い
○道具選びと使い方が上手い
○ここぞというタイミングと集中力
○自分(の得意・不得意)を熟知している

などなど

条件が悪いときでもそれなりの結果を出すのはその辺の違いなんだろうなと。

ん~....疲れてるな 寝よう

| | Comments (2)

April 02, 2008

フィッシングカヤック試乗会

2008年4月13日(日)に「カヤック試乗会 in 多摩川」がBASSPOND主催で行われるようです。

詳細は下記の3月24日の記事参照

http://www.basspond.co.jp/hitorigoto.htm


乗り比べの良い機会ですね。

| | Comments (0)

April 01, 2008

続・魚探振動子の取り付け改善

魚探振動子を取り付ける面を作りました。

材料はこれ

01000189072

「自由樹脂」です。

お湯に入れると柔らかくなり、冷えると固まります。

以前、プレイボートのバウキャップを作ったものを溶かして再利用です。
これをカヤックの底(内側)に貼り付けて完了です。
結果、不細工なので、写真は無しです。(笑)

Gクリアで接着してみました。振動子の発信が海底まで届くことを祈ります。週末が楽しみです。
駄目だったら今までどおりの位置に取り付けることになるだけですが。

| | Comments (8)

« March 2008 | Main | May 2008 »