« そろそろ | Main | ルアーで釣る »

March 11, 2008

パドリング考 最終回

パドリング考も一応最終回です。(たぶん)

我ながらよく書きました。
まとめとして安全対策を書こうと思ってましたが、.....

○安全対策

いろいろ考えましたが、ひとことで「ここまですれば大丈夫」と言えるものは何もありません。
あらゆる状況を想定し、自信が無いときは出艇しない「勇気」が一番大事です。

いくつかトラブル事例を挙げておくと
 ・テトラなど、危険な人工物への接触
 ・潮流や風により沖に流される
 ・動力船との接触
 ・波などが原因で転覆による艇からの離脱
 ・パドルの流出

まだまだあるでしょう。いろんなことを想定し数え上げたらきりがありません。
 霧で方向を見失ったり、コンタクトレンズ無くしたり、毒のある魚に刺されてしまったり、些細なことから大きなトラブルに結びつくこともあります。場所や時間、季節などの状況によって想定事項は様々です。

 死に至らないようなトラブルでは上陸・出艇時に波で転覆し、釣竿破損や釣具流出ということはよくあるようです。これも被害甚大ですよね。
漕ぐこと自体に不安があるときは、まずは釣具などの荷物を載せない状態で一通りのことを練習してほしいと思います。
寝不足や体調不良っていうのも、トラブルの原因になることがあります。釣りするのに朝が早かったりするので、これもよくあります。

カヌー一般のトラブルについてはカヌーライフにトラブル例などがあり、とても参考になりますので、読んでください。

かく言う私もカヤック始めた10年以上前に一度だけ「死んじゃったかも」っていうトラブルがありました。
「何とかなるだろう」という安易な考えで「一人で」川に漕ぎ出したのも原因の一つです。

ソロで出るとリスクは格段に高まります。
慣れないうちは必ず誰かベテランの人と出て欲しいものです。

とにかく、安全で楽しいカヤックフィッシングライフにしたいですね。

|

« そろそろ | Main | ルアーで釣る »

Comments

その「死んじゃったかも」という事例を詳しく聞きたいなぁ
書きにくいかもしれないけど、実際にあった事例が一番の教訓になります

僕はこないだ漁船の進路上を横切ろうとして警笛を鳴らされてしまいましたよ
だって遠くて、僕の前方を通ろうとしてるのか後方を通ろうとしてるのか分からなかったんだもん
(-"-;)
帰りの漁船のスピードはもの凄いね
点に見えたと思ったら見る見る近づいてきた
恐ろしいわ~
彼等が通る航路と時間帯を覚えて、その間はそこ通らないようにするのが良さそう

Posted by: ほげた | March 11, 2008 at 10:54 AM

事例としてフィッシングカヤックには参考にならないので詳しく書きませんでしたが、スプレースカートのグラブループ(外すとき引っ張る紐)をスカートを付ける時に中に入れてしまい、沈した時に出られなくなったんです。たぶん水中にいたのは1,20秒かもしれませんが、永遠の様に長く感じました。

教訓としては
・何の知識も無いまま安易に川に漕ぎ出した。
  →その後スクールに通い、いろいろ学びました。
  →まずは流れの無いところで練習すべきです
   (今 考えれば当たり前のことですが)
・一人で漕いだ
  →これはどんなアウトドアスポーツにも該当します。
   ソロだとリスクは高まります。

その後、何とか脱することが出来て、自分で道具を回収できたのは不幸中の幸いです。

Posted by: J-Yamada | March 11, 2008 at 11:39 AM

はじめまして、Nobuといいます。
「パドリング考」とても勉強になりました。
フェリーグライドでしたっけ?なるほど!って思いました。
また、↑の「死んじゃったかも?」エピソード自分も経験ありです。
自分はシーカヤックやってますが、出艇をあせった為にスプレーの中に紐を入れていたのを上陸時に気が付いてビビリました。
出艇前には、はやる気持ちを抑えて深呼吸し装備をしっかりと確認するのも大切ですね。

Posted by: Nobu | March 11, 2008 at 12:48 PM

実は僕もやってます。
そのままロール練習しちゃいました。
でも手で外そうとせず、無理やり身体を引っ張ったら自然に外れて事なきを得ました。
安全面も考慮してそういう風にできてるんじゃないかなぁ。

Posted by: ほげた | March 11, 2008 at 06:40 PM

Nobuさん>
はじめまして。はやる気持ちを抑えてですよね。でも難しいですよね。釣りだとなおさら慌ててしまいます。
ほげたさん>
ロールできるスキルでしたらむしろスプレースカート外れないほうが良いのですが、僕の場合ははじめてのカヌーでした。もちろん漕ぐスキルも何にもなし。

Posted by: J-Yamada | March 12, 2008 at 12:16 AM

お久しぶりです。
沖縄のナナパパです。
「パドリング考」毎回参考になりました。
ありがとうございます。

先週初めて沈してしまいました。
再乗艇も簡単にできたので安心したんですが、タックルは失いました。
パドルだけでなくタックルにもリーシュコードが必要だってわかりました。
ちょっと高い授業料でした(泣)

Posted by: ナナパパ | March 12, 2008 at 09:50 PM

ナナパパさん こんばんわ
タックル ロストは、めちゃくちゃ痛いですね。
ちょっとですか?いや、俺には買えないリールです
ロッドリーシュ、欲しいですよね。漕いでるときではないですが、2度ほど竿落としかけました。でも実際使うと邪魔なんですよね。

ちなみにタックル海に落として予備のタックルにルアー(ミノー)つけて何度も何度も底引きして回収した人が身近にいます。割と最近の話です。サーフならやる価値あるようです。

Posted by: J-Yamada | March 12, 2008 at 10:15 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« そろそろ | Main | ルアーで釣る »