« ヒラメルアー プロディジーSW 21g | Main | 続・FGノット »

March 26, 2008

魚探振動子の取り付けを改善

ちょっと、魚探の振動子の取り付け(向き)を改善しなくてはと思っています。

というのは、RIDEのバウ側の蓋を開けると.....真下を向いた面がありません。
仕方が無いのでやや斜め(たぶん)7時ぐらいの方向にそのままポリグリップで貼り付けてるんですが、根を探して、そこを攻めるって言うプロセスがこれだとちょっと難しいかなと思っています。深くなるとどうしても。

やや横に流されてる時に振動子の向きと思われる方向に仕掛けを垂らすと、底まで降りていくのが見えますので、見えてる根は結構 横方向のようです。仕掛けが落ちる方向とか移動するにしても横移動は難しいです。

真下より、やや前向きにした方が漕ぎながら根を見つけて攻めるには好都合かなと思っています。

振動が伝わるように樹脂で取り付け面を作ろうと思っています。うまく出来たら紹介いたしますね。

|

« ヒラメルアー プロディジーSW 21g | Main | 続・FGノット »

Comments

自分も振動子はなんとか海中に直接入らないものか試行錯誤しています。
コネクターが小さくて振動子の形が良ければ実現可能なんですけど…
引きずって歩けなくなるので今の所、艇内に付けています

Posted by: みんぱぱ | March 26, 2008 at 04:59 PM

いっそのこと、横(外側)に金具とかでつけようとか思ったりしますが、岩などにぶつかったときの事を考えると、やはり内側がよろしいかと

Posted by: J-Yamada | March 26, 2008 at 10:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ヒラメルアー プロディジーSW 21g | Main | 続・FGノット »