« 魚探振動子の取り付けを改善 | Main | 家族サービス »

March 28, 2008

続・FGノット

練習用のPEラインが見つかりません。部屋も車も荷物でいっぱいなので、少し掃除しないと出てこないでしょうね。

仕方が無いからリールを車から....
子供と嫁さんが寝静まってから、夜な夜なFGノットを組んでました。(笑)

ステンレスチューブで編んだあと、リーダーに移動する作戦は失敗です。
締めるときにしっかり締めればと思ってましたが、手前が先に締まってしまい、リーダー本線側が締まらない典型的な失敗例です。

ラインダンスっていう商品があるようですね。

Photo

ラインダンス

当然欲しくなるわけですが、......まだ買いません。(笑)

使い方の動画が公開されていて、テンション掛けながら編む方法が参考になりましたので、足の指にPEを巻いて緩まないように編んだら、編みこみは結構 綺麗にできました。

問題はその後の締結とハーフヒッチですね。なんか綺麗ではないですが、なんとか一応の強度はありそうです。

週末、簡単な実験してみようと思ってます。
1本に電車結びと(まだまだ下手糞な)FGノットを結んで、どっちが切れるか勝負です。

あ、そうそう、ごとうさんに質問です。「フィッシャーマンズノット」で検索すると、「これって電車結び じゃないの?」みたいなのも出てきます。ごとうさんが言うフィッシャーマンズノットはどれなのか教えてください。

「フィッシャーマンズノット」って、広義では、「釣りで使う結び方」みたいに書かれてて、どれだか分かりませんでした。

http://en.wikipedia.org/wiki/Fisherman's_knot

|

« 魚探振動子の取り付けを改善 | Main | 家族サービス »

Comments

携帯からなのでちゃんとサイト見れてないと思うのですがブログの一番下にあるURLにアクセスして出てくるのは電車結びです。
「鈴木文雄 フィッシャーマンノット」と検索すると出て来ますよ。
ただし、自分がやってるのは多少違っててさらに簡単で早いかも。
でも基本は同じです。
フィッシャーマンノットも時代と共に進化したり亜種?のようなバージョンがあるのでしょう。
もともとは鈴木文雄さんが考えたと言われてます。

Posted by: ごとう | March 28, 2008 at 01:49 PM

ちょっと年代が分かるコメントですねぇ

あ、鈴木文雄氏はバリバリ現役でしたっけ?

多分、Jーyamadaさんの検索結果はロープワークの方ですね。

自分もシステムはフィッシャーマンです。

Posted by: みんぱぱ | March 28, 2008 at 02:38 PM

ごとうさん>

ありがとうございます。
あれは電車結びですよね。しかもだいぶ簡単な。
ザイルでやる場合の結び方かな?それにしても紛らわしい

たぶんフィッシャーマンノットの基本は理解できたと思います。

みんぱぱさん>

師匠の言うことは絶対なわけですね。

検索結果は、「これって違うんじゃない?」って言う代表です。いろんなページ見て混乱してました。本当はどれなのかと。

Posted by: J-Yamada | March 29, 2008 at 12:06 AM

絶対って事は無いと思いますよ(汗

でも、ジギングを早く覚える為にタックルは2セットを完コピしましたよ。

Posted by: みんぱぱ | March 29, 2008 at 12:18 PM

早く技をコピーしたいっすね。

Posted by: J-Yamada | March 30, 2008 at 11:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 魚探振動子の取り付けを改善 | Main | 家族サービス »