« パドリング考 9回目 | Main | そろそろ »

March 10, 2008

パドリング考 10回目

10回目は

フィッシングカヤックのウェアについて書こうと思います。

何を着て漕いでも、まぁ自由なんですが、「安全性」「快適さ」を求めるとそれなりなものになります。
カヤックフィッシングのウェアにはカヤックのウェアがそのまま応用でき、快適に釣行出来ると思います。
既にカヤックフィッシングしてる人は読む必要が無いですね。これからカヤックフィッシングを始める人のために書いておきます。

間違っても、ジーパンにTシャツでPFD無しって人はここを読んでる中にいないと思いますが、川でもいるんですよ。
ヤフオクあたりでビニールのボートセット買って、何の知識も無く川を流れていき、トラブルを起こす人が....いるんですよ。特に夏休み

ウェアは多少のことを我慢すれば、今 持ってるものでも応用できます。

「基本」は泳ぐことを想定し、水を吸って重くならないこと、あとは気温、水温、風などの状況に応じて、暑すぎず、水に浸かった場合もその後、寒すぎないことですね。

なので、素材は綿はNGです。ナイロンはOK
ジーンズはNG、ジャージはまぁOKって感じですね。
自分で漕いだ飛沫を多少浴びることになるので、合羽などを着ると良いのですが、動くと蒸れますので、防水通湿素材で.....となると、結局それなりな物になっちゃいますが快適にパドリング&釣りができます。

カヤック用のフルドライを着る人が多いようです。やや高いですがアウターはこれでかなり良いです。あとはインナーを状況に応じて決めれば良いですね。インナーもカヌー用のものは高いですが、濡れても冷たさを感じにくい素材だったり、通気性など性能も良いです。ちなみにフルドライとは言っても、落水したら手首や首などからは多少は水が入りますので、インナーが綿のシャツやジーパンでは若干問題ありです。(帰りはちょっと濡れた状態になる可能性があります。)

個人的にはフルドライは着脱ぎがとても大変なのと、そもそも持ってないので、上下セパレートのドライパンツ&ジャケットを着ることが多いです。上下別々だとトイレなどは楽ですし、状況に応じて上着を半そでにしたり、下を短パンにしたりとかいろいろ応用が効きます。シーカヤックなどのツーリングジャケットは首にガスケットが無いので体温調整もしやすく便利です。この辺の快適さは落水したときとトレードオフになりますので、沈する可能性が高い方にはおすすめしません。

「基本」通りだと夏は海パン1枚でもいいですが、カヤックの上は水の照り返しもあるので想像以上に日差しが強いです。
夏の暑い時期でもラッシュガードぐらいは着たいですね。

PFD必須であること以外は基本は自由だと思いますので、状況に応じて、いろいろ工夫してみてください。

|

« パドリング考 9回目 | Main | そろそろ »

Comments

上下別のウエアも欲しいですね。高いんですよねー。これからGWとかは気温は高いのに水温が低いので苦しそうです。

Posted by: はじけよう | March 10, 2008 at 06:24 PM

セパレートおススメですよ。これからの季節、とりあえず下(パンツ)だけあれば、上は何でもいいかと。

Posted by: J-Yamada | March 10, 2008 at 10:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« パドリング考 9回目 | Main | そろそろ »