« 動物園 | Main | アンカリング »

February 19, 2008

タックル

来週も釣りにいけないので物欲再燃中です。

とりあえず今もってるタックルを備忘録に書いておきます。

今持ってるロッドは

Bas600rf5

●キャストのしやすさを追求したテーパー設計
●より適応ルアーを広げたパワー設計
●スタイリッシュなオリジナルアルミパーツ
●SICガイドセッティング
●長さ(単位ft): 6.0
●Line : 12-20lb Lure weight : 10-28g
●価格(税込み)16,800円

リールはシマノ ナスキー

00016w
■クロスギア方式でしかなし得ないラインを整然と均一に巻き上げることで飛距離、キャスト&回転フィールを大きく向上したエアロラップ(クロスギア)システム
■高級感あるアルミニウムマシンカットハンドル採用
■ポジティブ&フリクションベール
■全ボールベアリングに錆に強いA-RBを採用
■糸ヨレを抑えるA-RB内蔵SR-パワーローラー
■SR-3Dローター
■Super SHIP
■オイルインジェクション
■回転ぶれを追放するSBL
■フローティングシャフト
■バイオフィットグリップ
■アルミ合金コールドフォージング(冷間鍛造)軽量スプール&ダブルアルマイト
■ウォータープルーフドラグ
■スーパーストッパーII
■下巻き目安ライン
■A-RB支持ドラグシステム(Sタイプのみ)
■付属品:専用袋・スプール調整ワッシャー


写真は2500Sですが、(メーカのHPから勝手に持ってきたので、...)持ってるのは2500です。
・品番 2500
・ギア比 5
・実用ドラグ力 39.2/4.0
・自重(g) 255
・ナイロン糸巻量(号/lb-m)2.0-175、2.5-150、3.0-115
・フロロ糸巻量(号/lb-m)2.0-140、2.5-125、3.0-100
・PE糸巻量(号-m) 0.8-370、1.0-300、1.2-200、1.5-160
・最大巻上長(cm/ハンドル1回転) 70.7
・ベアリング数 A-RB/ローラー 3/1
・本体価格(円) 9,500
・商品コード 02106 9

1.5号のPEを150m弱巻いてます。( SUNLINE CAST AWAY)

今はとにかくコストパフォーマンス重視で安くてそれなりなものに抑えてます。
落っことしたらダメージ大きいので....

不満は特に無いですが、もう1セットはなんか欲しい感じです。

PE細いのを使いたかったり、ちょっと重い鯛カブラ使ってみたかったり、下の落としこむエサ釣りが多いからリールも両軸が欲しかったり、なんだかまとまりがつかないですね。

|

« 動物園 | Main | アンカリング »

Comments

こんにちは!初めまして!はじけようさんの所から飛んで参りました。

僕の周りでもベイアーム使ってる方が何人か見えますよ!汎用性の高いロッドですよね!初めの一本としては良いと思いますよ。

また、エキサイトブログの方にも遊びに来て下さいね!

Posted by: エキサイト タカ | February 19, 2008 at 01:16 PM

エキサイト タカさん こんにちは
シーバスロッドの記事、時間があるときにじっくり読ませてもらいます。とりあえずリンクさせていただきます。

Posted by: J-Yamada | February 19, 2008 at 01:51 PM

このリール釣具屋で「まよったら回してみてください」と書いてあったので回してみたらなめらか~でした。(最高級品をしらない幸せなはじけよう)自分のカルディアのしゅるしゅる感に悲しみを覚えました。ベイアームのグリップの上がリボルバーみたいでカッコイイです!

Posted by: はじけよう | February 20, 2008 at 12:55 AM

人生知らない方がいいことはたくさんあります。
リールの最高級品はたぶん、その違いの分からない俺にも無用です。値段見て、タックルセットもう2セット買えるって思うぐらいですから。
 ベイアームの気になる点はリールを締めるねじ?が緩みやすいことですね。
 カルディアもたぶん良い物ですよね。
はじけようさんは.....たぶん使いすぎ。あの釣行回数では半年で寿命です

Posted by: J-Yamada | February 20, 2008 at 01:59 AM

ありゃ?!やっぱり(笑)

Posted by: はじけよう | February 20, 2008 at 08:55 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 動物園 | Main | アンカリング »