« 続 ラーメン | Main | 蓄光塗料 »

January 15, 2008

パドリング考 2回目

○パドルの持ち方とパドル

第2回目はパドルの持ち方とパドルについてです。なので特別なことは書いてません。

 どんなカヤックでもパドルの持ち方はだいたい同じです。腕を横に水平に伸ばし、そのままひじを直角に曲げた時の手の幅が一般的な「持ち幅」といわれています。どこで聞いてもそのように教わるでしょう。

 しかし、人によって広め、狭めというのがやはりありますので、好み(楽に漕げる幅)で良いと思いますが、左右均等になる持ち幅でパドルの中央が体の真ん中になるように持ちます。

余談ですが、スラロームのトップパドラーにはターンする時と直線を漕ぐ時とで持ち幅を変えるっていうテクニックを使う人もいます。
(私はそんな器用なことは出来ませんし、真似する必要も無いです。)


 次に前にパドルを差し出すように持った時、ブレード(パドルの面)は利き手(右)側が顔と向かい合うように持ちます。
すると反対のパドル面は上か、上からやや自分の方を向いてると思います。これがフェザー角です。どうやって使うかは次回に説明します。

左利きの人もカヤックは右で操作するように覚えた方が良いでしょう。つまり右側が顔と向かい合うようにと言うことです。
これは、ただ単に左利き用のパドルを手に入れるのが難しいと言うだけですが、フェザーリング角が低めでしたら利き手を意識する必要もほとんど無いので右利きの角度で覚えることをお勧めします。


カヤックフィッシングで使うパドルは艇の幅も広いのでシーカヤック用のもので220cm~230cmぐらいの長いものが多いです。これも好みなので、身近に持ってる人がいたら、借りて使ってみると良いでしょう。同じブレードの場合、長さが長くなるとキャッチは強くなります。当然ですが、ブレードの面積が大きいほどキャッチは強いです。ブレードの大きさ(水をキャッチした時の強さ)は好みです。強すぎても扱いづらいし、弱いと思うように艇を操作できず不安です。

フェザー角は45°~60°ぐらいがおすすめです。これも好みなので、いろいろ試してみて自分の角度を決めると良いでしょう。
目を閉じて漕いだ時に自然にできる角度が良いとも言います。

「自分の好み」ってばっかりで全然参考にならないと思うかもしれませんが、だいたいこの位っていうのはありますが、ホントに人それぞれなんで。
パドルは艇選び以上にシビアなんです。釣りのロッドに近いイメージかな?

無難なのは230cm45°のナロー(狭い)ブレードでしょうね。材質はグラスのブレードがコストパフォーマンスに優れていておすすめです。しっかり漕げるようになるとちょっと固めのカーボンとの違いが分かってくるかもしれませんが、グラスとの違いはそれほど大きくは無いです。値段が高いのが難点です。

ナイロン素材のものは安いのですがふにゃふにゃして漕ぎづらいのは比べればすぐに分かります。グラスでちゃんとしたパドルメーカーのもので値段は4万円前後ぐらいします。


最後にシャフトについて、ストレートな物と「エルゴ」「パワークランク」などと呼ばれるほんの少し曲がったものがあります。これも好みです。上級者だからエルゴシャフトを使うと言うことはありません。ストレートを愛用する上級者も多いですし、エルゴシャフトは初心者にも使いやすいのですが、値段が高いのでエントリー向けのものはストレートと言うことが多いのです。
エルゴシャフトのメリットデメリットをストレートと対比してあげておくと

エルゴシャフトのデメリット
 ・生産工程の都合上、値段が高い
 ・全く同じものが生産中止などで入手できないことがある(フィーリングが変わる)
 ・重量がちょっと重い
 ・細いシャフトは作りにくい
エルゴシャフトのメリット
 ・持ち位置が分かりやすい
 ・手首や手に優しい

という感じです。

|

« 続 ラーメン | Main | 蓄光塗料 »

Comments

ひじを90度で持つとパドルがあんま前に出せないのでもう少し狭く持ってやっています(間違い?)風がない時はフェザー角0度でやっています。

Posted by: はじけよう | January 16, 2008 at 06:59 AM

遅れましたが、今年も宜しくです。
自分はワーナーのカマノ使用していますが、フェザーアングルは0のままです。
ゲージのシールが剥がれてしまい、正確にセット出来ない事もあるんですが。
因みに富津のシーバス大会の時にワーナーインストラクターのダニーは「キャメイノー」ってスーパー発音良かったです。

Posted by: みんぱぱ | January 16, 2008 at 10:23 AM

はじけようさん>
誤解無きようにコメントしておくと、ひじを90度にするのはあくまで「持ち幅」を「理解する時」だけです。
漕ぐ時にはしっかり前からキャッチするために肘を曲げ伸ばし(あるいは伸ばしたままに)します。

みんぱぱさん>
今年もよろしくお願いいたします。
カマノは良いパドルですよ。「キャメイノー」の方が、かっこいいですね。
0°って意外に多いのでしょうか

Posted by: J-Yamada | January 16, 2008 at 10:48 AM

わ・・・・わかっております(笑)

Posted by: はじけよう | January 16, 2008 at 12:25 PM

誤解されるような表現があったかと、余計な心配でした

Posted by: J-Yamada | January 16, 2008 at 01:06 PM

シャフトの「ストレート」「エルゴ」について書き忘れたので書き足しておきます

Posted by: J-Yamada | January 16, 2008 at 04:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 続 ラーメン | Main | 蓄光塗料 »